日本の正教会情報

初めに言葉あり、言葉は神と共に在り、言葉は即ち神なり。

ここは日本の正教会に関する情報を集めているページです。 既存の国内情報へのリンクをメインコンテンツにしています。 ニュースなどリアルタイムな情報は扱っていません。

リンク

国内
日本正教会公式サイト, 山手(荻窪), 前橋, 横浜, 横浜(Facebook), 小田原, 東日本大主教教区, 仙台, 函館, 札幌, 釧路, 曲田, 石巻(Facebook), 西日本主教教区, 京都・九州, 大阪, 名古屋, 名古屋(Facebook), 神戸, ロシア正教会駐日ポドウォリエ(目黒/駒込), ルーマニア正教会日本支部,
海外
Официальный сайт Русской Православной Церкви / Патриархия.ru(ロシア正教会), Orthodox Church in America(アメリカ正教会), St Vladimir's Orthodox Theological Seminary(ウラジーミル神学校,ニューヨーク), Greek Orthodox Archdiocese of America, OrthodoxWiki, Orthodox Calender(ギリシャ系), Orthodox Calendar(ロシア系), Orthodox Study Bible, 至聖三者聖セルギイ大修道院,
書籍
教会で出版している書籍は一般の書店では入手できないので各教会で頒布してもらう必要があります。一般の書店等で入手可能な書籍の著者としては次の通り。 及川 信神父, 高橋保行神父, 中村健之介氏, 長縄光男氏, 川又一英氏, 廣岡正久氏, その他については 東方正教関係の文献目録(和書) を参照してください。
近代デジタルライブラリー
近代デジタルライブラリーでは明治期に出版された本が公開されている。 我主イイススハリストスの新約, 聖詠経, 時課経, 奉事経, 聖事経, 近代デジタルライブラリーで正教会を検索,
動画
Japanese Orthodox Church - Theophany in Tokyo(1 | 3 | 4), Yokohama Japanese Orthodox Church( 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ), 高崎ハリストス正教会 2011.1.9 奉神礼(聖体礼儀)( 1 | 2 | 3 | 4 ), 足利ハリストス正教会 2010.11.28 聖体礼儀( 1 | 2 | 3 | 領聖 ), 北鹿ハリストス正教会 復活大祭聖体礼儀( 2 | 3 | 4 | イコン ), 熊本正教会復活大祭2009.5.10( 1 | 2 ), 人吉正教会福岡集会2008.11.24( 1 | 2 ), 人吉正教会福岡集会復活大祭2009.4.29( 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 ), 復活祭 上武佐( 2012 | 13 | 14 ), Cherubic Hymn(Osaka Orthodox Church), The memorial liturgy of orthodox church at Kyoto, Japan., Christmas at Kobe Orthodox Church, 中標津の教会で初のクリスマス・キャンドル・ナイト, 函館ハリストス正教会, 函館ハリストス正教会の鐘-日本の音風景100選, ロシアのテレビ番組で取材されたもの(ロシア語 12 | 13 | 14 ), How To Tie Prayer Rope,
学術系の資料
ギリシャ正教の奉神礼について, 聖山アトス修道院における大斎と奉神礼, 東方正教会の教会暦と奉神礼について, 聖ニコライの翻訳にかけた情熱 : 中井木菟麿の日記より, クルスクの木の根の聖母イコンについて, ハルビンの正教会聖堂について, 長司祭アヴァクームの魅力, ハリストス正教徒としての千島アイヌについて, 日本ハリストス正教会の教会法的地位設定問題, 日本ハリストス正教会高清水顕栄教会文書(一), 明治期日本におけるロシア音楽受容 : 正教会と音楽学校 の功績およびその影響関係について, 日本の府主教セルギイとソビエト下のロシア正教会, ロシア正教会と中国,
その他
イコンのある世界, 東方正教会の聖歌, 東方正教研究会 ぱんだね, シスターみみっくのなんだかわからない堂, しんがくほうろうき, 正教の灯, イーゴリ清水のモスクワ神学大学滞在記, Sankta Biblio(正教会訳聖書等), 在日ウクライナ正教会, シリア正教隠れた真珠, ギリシャへの扉(ギリシャ正教会情報あり), 正教会辞典(試験的), 正教会暦(試験的), キリスト教教会暦の移動祝祭日計算, スラヴ研究者向け LaTeX 多言語環境の構築,

目次

ドキュメント

近代デジタルライブラリーより
領聖祝文(JPEG画像),

正教会に興味がある場合

ギリシャ正教やロシア正教で知られる正教会に興味があり、よりよく知りたいと考えている場合は、最寄の教会、または司祭常駐の教会を訪問すべきです。最寄で片道数時間とかでも頑張って訪問すべきです。事前に電話等で連絡しておけば訪問したけど開いていなかったというトラブルも防げるでしょう。

質問したい場合

教会に来て普通に質問したり、各教会のウェブサイトで問い合わせ用のメールアドレスが公開されているのでメールで質問してもいいでしょう。それほど厳密な回答が必要ないのであればFacebookで教会関係者に質問してもいいでしょう。Facebookなら司祭も少なくないし司祭でなくても詳しい人に出会えるでしょう。

難しい質問をしたい場合

日本の神学校では大学レベルの研究は行われていません。日本の教会のローカルな情報に関しては各教会の司祭等に問い合わせれば間違ありませんが、たとえば神学的な難しい質問をしたい場合は可能な限り留学して神学大学を卒業した人を選ぶべきでしょう。

観光情報が知りたい

地方の教会は巡回の都合で毎週開いているとは限らないので事前に連絡することを勧めます。詳細は各教会に問い合わせてください。

なお、観光名所となっている大聖堂などの人の多い教会では、復活祭や降誕祭前晩(クリスマスイブ)は混雑するので手荷物は少ない方よいです。また風邪予防のためのマスクを持参しておくとよいかもしれません。

一般の書店等で入手できるキリスト教関連書籍は信用するな!

一般の書店等で手に入るキリスト教関連書籍でも稀に東方正教会関連の記述が載っていることもあるが、およそ間違いなので鵜呑みにしてはいけません。著者が専門の研究者かどうか、あるいは正教会関係者かどうか注意すべきです。

正教会関連の報道はだいたい偏ってる

ときどきニュース等でロシア・東欧・中東その他の正教会関連の話題が取り上げられることがありますが、偏っているので鵜呑みにしてはいけません。 だいたいが西側自由主義陣営の視点で報道されるので中立的な視点ではないのです。

免責

当サイトで提供される情報は全て無保証です。当サイトを利用することで生じるあらゆる不利益に関して、当方は一切の責任を負いません。

このサイトについて

長い期間ドメイン販売業者に取られていた orthodox.jp ドメインが利用可能となりました。これによって、たとえば http://tokyo.orthodox.jp/ というようなURLが利用可能となります。また whoami@orthodox.jp というような形式のメールアドレスが利用可能となります。

現在、このドメインの管理について教団に問い合わせ中です。 このサイトとドメインの利用に関する問合せは下記にお願いします。 これはたいへん素晴らしいドメインです。

連絡先: Google+ , Facebook , Twitter .
Copyright (C) 2014 and beyond Ephrem Kimura Shinnosuke. All Rights Reserved.